Bizread|株式会社アイ・ビー・ビー|インタビュー記事
TOP企業検索 > 株式会社アイ・ビー・ビー


5年後の自社のビジョンを明確に!ibb BizCamp 第三期生募集開始!
株式会社アイ・ビー・ビー
代表取締役 
廣田 稔 氏
DATA
住所:福岡県福岡市中央区天神2-3-36 ibbfukuokaビル501
事業:インキュベーション事業
設立:2009年07月01日
H P:http://www.ibb-fukuoka.com/
【起業数年後に現れる経営の〝壁〞を乗り越えろ】
福岡の起業支援・IPO支援の草分けである株式会社アイ・ビー・ビーはインキュベーション施設であるib b fukuokaビルの運営のほかIPOを視野に入れた起業家〜成長を目指す起業家〜アーリーステージの起業家の段階に応じたプログラムやセミナーを開催する。中でも更なる成長や事業拡大を目指す経営者向けのスクール型プログラム「ibb BizCamp」への注目度は高い。
―なぜ、「ibb BizCamp」を開講されたのですか?
今日、起業するハードルは、かなり低くなりました。しかし、起業10年後に生き残る企業は全体の約1割と言われます。その理由としては、起業して数年後に企業が引き続き発展するか、あるいは衰退するかの分岐点を迎える点が挙げられます。この分岐点は企業経営上の〝壁〞であり、この時期に明確な理念やビジョンを確立することが重要です。この壁を乗り越えて、さらに成長していくための〝場〞がibb BizCampです。
―ibb BizCampの位置づけや背景として、どのようなものがあり ますか?
「世界ブランド企業をフクオカから」をスローガンに2000年に「ibb fukuoka project」を立ち上げて、2030年までに福岡を拠点とするIPO企業20社を生み出す「20 年ビジョン」を打ち出しました。この間、IPOを目指す経営者向けに「ibb社長塾」を、アーリーステージの起業家向けに「i b b 起業家支援セミナー」「ibbなでしこ塾」「アントレプラザi b b T e n j i nPoint」などの支援体制を整えました。
これらアーリーステージの起業家とIPOを視野に入れた起業家との間に位置する「起業して数年たち更に成長を目指す起業家」が、企業経営上での分岐点を迎える中間の階層であり、最も重要だと気づきました。そこで起業後数年を経て、さらなる成長や事業拡大を目指す経営者向けのスクール型プログラムとして誕生したのがibb BizCampです。
―ibb BizCampでは、どのような内容を学べますか?
ibb BizCampでは5年後の中長期経営計画策定を最終目標にして、企業経営に必要な経営理念や営業・マーケティング、資金調達、労務など実践的で体系的なプログラムになっています。各分野の第一線で活躍する講師やゲストを招き合宿や講義・ディスカッション、グループワーク、課題発表を通じて、経営者自身の成長も促していく点も特徴の一つです。
ibb BizCamp のプログラムは受講者の声も聞きながらブラッシュアップしており、現時点で最良の内容でしょう。受講者からは、「売り上げが増えた」「知名度が高まった」「新聞に取り上げられた」などの声が数多く寄せられています。中には当初関心が無かったIPOに挑戦する受講生も出てきました。そういう姿に接すると、ibb BizCamp の意義を実感します。
さらなる成長や拡大を目指す 経営者に参画してほしい。 ―ibb BizCampの受講者からは、ど のような事を聞くことが多いですか?
 ibb BizCampでは受講者が10カ月間一緒に学ぶ中で、経営する企業規模や業種・業態を超えて、一つのチームになっていく観があります。実際に受講者の方からも講義での学びに加えて、「一緒に学ぶ仲間からの刺激も大きかった」「業種が違う経営者同士の集まりが良かった」という声もよく聞きます。彼らは卒業後もつながっており、同期生が頑張っている姿が自分自身の発奮材料になっているケースも結構あります。
―ibb BizCampの今後について、 どのようにお考えですか?
ibb BizCampでは丁寧な指導や密接な関係づくりを目指しており、定員は最大15人です。しかし、10年続くと総勢150人になります。彼らの中から福岡で活躍する経営者が大勢登場し、IPOを実現する人たちも出てきたらこの上ない幸せです。
さらなる成長や事業拡大を目指す経営者の方々には、この機会にibb BizCampへの参画を検討いただければ嬉しく思います。